めざす学校はしっかり検討|医療現場に携わりたいなら医療事務講座を受けよう
女の人

医療現場に携わりたいなら医療事務講座を受けよう

めざす学校はしっかり検討

先生と子供

考えるべきこと

幼稚園教諭一種免許を取ることが出来る大学は、各都道府県に設置されていますが、中には国公立大しかない都道府県もあります。このような都道府県の場合、国公立大は学費がかなり安く人気もありますから、しっかり入試対策を行う必要があります。幼稚園教諭を大学で取得したいという方は、早い段階からご自身の都道府県にどのような学校があり、入学定員や倍率などをしっかり調べておきましょう。場合によっては、県外の大学への進学を検討するなど、広い視野が必要となる場合もあります。なお、国公立大では幼稚園教諭はしっかり取得することはできても、保育士の資格は取得できないケースもあります。近年では、幼保一元化政策が進められており、幼児教育の現場では両方の資格取得者が重宝されています。学校を選択する際には、幼稚園教諭に加えて保育士資格も取得できる環境にあった方が有利と言えますから、しっかりチェックしましょう。

国立と私立の違い

幼稚園教諭を目指す大学の特徴は、国立大の場合は全てが教育学部に所属しますが、私立大の場合は社会福祉学部やごども学部などバラエティに富んだネーミングになっています。また、国立と私立には、学費の違いに加えて、学びについても大きな違いがありますから、ある程度確認しておく必要があります。まず、国立大の場合は、どちらかというと研究機関という位置づけがありますから、幼稚園教諭を目指すにしても子ども教育を研究する要素が強くなってきます。一方で、私立大の場合は、幼稚園の現場で求められる人材を育てるとともに、しっかりと就職させる特徴を備えています。したがって、現場力を鍛えるインターンシップ制度やボランティア活動の体制が整っていたり、就職サポートが充実している特徴があります。学費の心配がないのであれば、どちらのタイプの学校が合っているのかしっかり検討してみるべきと言えるでしょう。